わきがの場合脇下に黄色いシミ

白い服などであれば乾いていても濡れていてもそれほど違いがわかりません。しかし色がついている服の場合濡れたところが少し濃くなることがあります。雨などで濡れたなどがわかればいいのですが、別の理由で濡れたなどがわかると困ることがあります。脇といいますと汗をかきやすいところなので、服を着ている場合色が変わりやすいことがあります。女性であればパットなどを入れる人もいます。色がついているものは濡れて色が変わるぐらいですが、白色のシャツなどの場合長く着ていると黄色いしみになることがあります。これはアポクリン腺からの分泌液に含まれるタンパク質や脂肪などがつく現象になります。これらが雑菌と混ざり合わさるとわきがとしてにおいが出てくることになります。つまりは、脇の部分に黄色いシミがついている場合はにおいの方も気にしたほうがいいことになります。

耳垢が湿っているとわきがか

プールに入った後であったりオフロに入った後に耳掃除をすると耳垢が湿っていることがあります。恐らく耳に水が入ったためでしょう。普段は耳に水が入ることはありませんから耳の中は乾燥していることが多いです。しかし、ある人は耳垢が常に湿った状態になっているそうです。耳掃除をしても完走した塊ではなく湿った塊が出てくるそうです。耳の中で汗をかいたりするからでしょうか。耳垢が湿っている人が持っている症状としてわきがと言われることがあります。耳垢が湿る原因としてはアポクリン腺からの分泌液の可能性が高いからです。耳の外耳道にはアポクリン腺がたくさん分泌しています。通常程度の分泌量なら湿ることはありませんが、たくさん分泌している場合は湿ってきます。こちらのアポクリン腺が活発になっているのであれば、脇の下も活発な可能性が高いのです。

わきがは遺伝をするのか

自分自身の体は両親から引き継いだものになります。顔であったり身長などにおいてそれがみられることがあります。目に見える部分だけでなく、体の内部であったり、病気のなり易さなども影響してくることがあるといわれています。もし親がある状態なのであれば、自分自身ももしかするとなるかもしれないと覚悟しておいたほうがいいかもしれません。対処の仕方で変わってくるのです。わきがについて遺伝があるかどうかですが、遺伝性は強いと言われます。においに関する問題なのですが、原因としてはあくまでも脇からの分泌物と雑菌になります。遺伝としては脇の分泌量が多いところになると思います。もしにおいを発生させたくないと考えるなら、脇を清潔に保つようにすればいいでしょう。そうすれば雑菌が繁殖しにくくなり、においも出にくくなります。汗をこまめに拭くなども対策になります。

わきの下に沢山汗をかく方は医師に相談しましょう。 利益追求に走り保険診療を行わない多くの美容外科とは違い、健康保険の適用範囲内での治療を実現しています。 他院で治らなかった人も多数治療しています。 健康保険を使ってわきがを約17700円(片側)で確実に治療、自費診療はしませんので悩みを解決する機会です。年齢や保険の種類によっては無料の場合もあります。 わきがのことならAYC銀座形成外科

Leave a Comment

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>