食事に関する注意点

これは人間にも動物にも関連する事なのですが、運動量が減り、消化機能も低下した場合、以前と変わらぬ食事メニューだと肥満になったり内臓疾患になりやすくなったり、お腹を下したり、嘔吐してしまったり様々なリスクがあります。

 

食べ物を噛み砕く力も低下しています。

低カロリーの食事や食べやすい柔らかい食事にしましょう。

 

 

食事の回数にも気を配り、食べる時間帯にも気を配ってあげましょう。

 

 

このように生活する中で、介護をする中で便利なグッズ、気をつけなければいけない事、他にもまだまだあるのですが、それぞれの動物に見合った介護用品や介護方法を模索してあげましょう。

 

 

もしわからなければ、動物介護士や獣医に相談して早期解決してあげてください。

わからないままで過ごしていると突然何かが起こってしまうと対応できません。

対応できなければどうなるかは想像できますよね?

今すぐにでも問題は解決してください。

 

 

Leave a Comment

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>